2013年05月22日

石井一昌の言霊102 車椅子で寺の拝観できない・店へ行けない

バリアフリーが言われて久しいよ。

以前、車椅子で寺の拝観が出来ないと記事があった。
今度は食事が出来ないと記事があったよ。

寺はもともと坊さんの修業の場所だよ。

山深くて
健常者でもしんどいような場所も多いんだ。

車椅子で行けない。
行きたいというけれど
そのような場所は
車椅子でなくても
足腰の弱い者は
補助者を伴わないと無理なんだ。


店もそうだよ。

俺の知り合いのスナックに
新宿で5階で階段しかない店があったよ。

体が不自由で行きたい人は
各自で補助者を用意していたよ。

年取ったママと若い女の子二人。

もしこれで車椅子を助けてくれてと言われても
無理というものだよ。


公共施設のバリアフリーの義務とは
次元が違うんだ。

寺も店も個人の嗜好で
この分野になると
権利ではないんだよ。

最近は権利ばかり振りかざす傾向が多いよ。

助け合いの精神はあっても
それは権利ではないんだよ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 13:49| 奈良 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

石井一昌の言霊101 村山談話・靖國参拝・政権与党の役目とは

自民党は政権与党なのに
相変わらず議員が個人で
村山談話の批判をしたり
靖國に参拝したりしているよ。

政権与党の役目は
国の舵取りをすることなんだ。

村山談話が問題なら
正面から見直せばいいんだ。

そのための政権与党なんだ。

個人でばらばらに言うのは
政権与党としては無責任というものだよ。

靖國参拝にしてもそうだ。

物議なく靖國参拝の出来る環境を作るのが
政権与党の役目なんだ。

それを何十年も同じことを繰り返しているよ。

靖國参拝をする度に
問題視されている。

問題があるなら
根本を見直すのが政権与党の役目なんだ。

それを行わないということは
義務の放棄であり
一連の言動は
ただのパフォーマンスでしかないよ。

空虚だよ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 23:21| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

石井一昌の言霊100 何故今なって、引揚者住宅の立ち退き要求?

敗戦後
満洲から引き上げてきた人たちが住んでいる住宅が
貝塚市に残っている。

市は築60年の老朽化を理由に
立ち退きを迫っている。

安全に疑問があるなら
どうして阪神大震災の後に
それを問題にしなかったのかな。
当時でも築40年を越えているよ。

戦後の建築基準法がゆるい時期だから
築40年で安全に疑問はあったはずだよ。

今住んでいる人の平均年齢が80を過ぎているが
当時は60だ。

まだまだ体の自由も利くし
新しい付き合いを始めることも
ずっとやりやすかったんだ。

80を超えて新生活は
酷というものだよ。

住めば都だ。

なんとか補修して
終の棲家にするのが
人情というものだよ。

満洲へ渡った庶民の多くは
国策に従って行ったんだからな。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 13:15| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

石井一昌の言霊99 盟友太田龍

4年前の今日
我が盟友太田龍は旅立った。

太田龍とは1960年安保の時は
まったく正反対の陣営にいたんだ。

毎日新聞の安保特集冊子に
それぞれが載っているよ。

それから50年
太田龍も俺も
真実を追い求めて
明治維新の不審や
天皇の矛盾に気がついたんだ。

50年間相変わらず
右翼は
「天皇陛下万歳」
左翼は
「天皇制反対」

硬直したまま何の世直しにもならずに来たよ。

そこにそれぞれの学者と称する者が
巣くってしまっている。

メシの種になると
矛盾を感じても
行き詰まりを感じても
変わるのを恐れるんだ。

スポンサーも離れるしね。

右も左も
運動のための運動になってしまったんだ。


太田龍は立派だったよ。

常に前向きで
変わることを恐れなかった。

俺も「天皇陛下万歳」から
「アメ天」「チビ天」に変わったけれど

太田龍は俺よりもはるかに文才があって
その上、多作だったから
系統的に残しているよ。

太田龍の遺志を継いだ人の
ブログがあるよ。


akazukinのブログ
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11433960106.html
posted by ウルフ爺さん at 16:42| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

石井一昌の言霊98 娼婦は聖書の時代からの職業だ

橋下知事の「敗戦国として侵略の事実は認め」(言霊95)は
問題だけれど

慰安婦のほうは
言い方は適切ではなくても
正論に近いと思うよ。

娼婦は最も古い職業の一つなんだ。

「是」や「非」という問題以前の
事実としてそうなんだよ。

そして命をさらす戦場の兵士たちにとって
種の保存本能として
性欲が増すのも
これもまた事実なんだ。

昔は侵攻した軍隊は
その土地の婦人を手当たり次第陵辱したんだ。

遠い昔でなくても
敗戦後の満州では
日本婦人の多くが
犠牲になっているよ。


しかし一首長とはいえ
世界に知られた大阪市の市長が
米軍司令官との「風俗云々」の話を
わざわざ公表する必要はあったのかな?

意図的に騒ぎを大きくしたと
思われても仕方ないよ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 04:53| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

石井一昌の言霊97 作られる脅威・北朝鮮

北朝鮮の脅威で
防衛力の見直しが言われているよ。

拉致された人を
何十年も救えない國が
防衛力だけアップさせるのは
軍のためのアップだけになる
危険のほうが大きいんだ。

それでなくても
今でも自衛隊の中で
イジメによる自殺があるんだよ。

庶民である兵士を大切にしない
組織に
庶民を守れるはずがないんだ。

行き着くところは
庶民を犠牲にしての
組織防衛になる可能性が強いよ。
しかも
「国防」や「愛国」の美名の下にね。

先の大戦で
一億総国民が
「天皇の赤子」
といいながら
東京大空襲や一般の被害は
軽視されて
敗戦責任を直接負うべき
職業軍人は
のうのうと軍人恩給を貰っていたんだよ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 13:21| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

石井一昌の言霊96 三社祭・神田祭

十数年前、御神輿会主催の若者と知り合ったんだ。

三社祭・神田祭へ招待されて
熱気に包まれたよ。

それからいつも招待してくれたんだ。

数年後
俺は江戸の伝統を見てもらいたくて、
親しい関西の大親分に
電話で誘ったんだ。

懸命に誘ったんだけど
色よい返事がなかった。

傍で聞いていた
関西出身のワイフが

「関西には京都の祭りや天神祭りがある。
いくら懸命に言っても
地方の祭りぐらいにしか思えないのよ。
実際参加してみれば
また別の素晴らしさがあるのがわかるけど」

と言うんだ。


「百聞は一見に如かず」・・・か。



石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 06:37| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

石井一昌の言霊95 「敗戦国として侵略の事実は認め」の橋下発言。では会津は賊軍か?

橋下発言は
裁判で「黒でも白とすれば勝ち」の
弁護士目線の考えだよ。

橋下発言を敷衍すれば
「会津は敗戦の事実として賊軍であった」
ことを認めなければならないよ。

慰安婦発言が問題視されているけれど
橋下の発言で
本当に問題なのはこちらだよ。

それになぜ今
唐突にこのようなことを持ち出すんだよ。

注意をこちらにそらして
「憲法問題の意見」を
相対的に薄めてしまっているよ。

明治時代、日本の庶民は
弁護士を三百代言と軽蔑していたんだ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 18:51| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

石井一昌の言霊94 大久保コリアタウンのヘイトデモははたして自然発生なのか?

憲法改正が俎上にある時に
良識ある庶民なら眉をひそめるヘイトデモが
発生しているよ。

デモに対してこれほど庶民の意見が言われたことは
これまであまりないと思うよ。

このようなヘイトデモがあれば
こんな団体は規制してもいいと思うのが
良識ある人間だろうよ。

結社の自由の制限が
庶民の積極的な黙認で実現してしまう。

はたしてこのヘイトデモは自然発生なのかい?

運動をしていれば
スポンサーがつくことはあるよ。

恐いのはスポンサーがつけば
その意向を汲んで
段々と過激になることなんだ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 22:58| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石井一昌の言霊93 憲法改正案に結社の自由の制限

自民党の憲法改正案には
結社の自由の制限があるようだ。

制限は
「公の秩序」
というのが、目途となるらしい。

さて「公の秩序」とは
何を基準に
誰が決めるのかね?

最近、コリアタウンの大久保で
過激な表現のヘイトデモが
非難を浴びている。
さしずめ「公の秩序」で
槍玉に挙げられるね。

加藤紘一実家を放火した犯人の属していた団体は
放火という反社会的行為で即刻アウトだ。

ヘイトデモを主催している団体も
今に至るまでには
穏健な右派や保守派とも交流があった。

加藤紘一実家放火犯の団体は上下左右を併せると
随分多くなる。

これをどこで線を引くんだろう?

線を引くのは公安や警察だろう?

その気になれば
為政者がマズイと思う団体は
芋づる式に禁止できるよ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 01:21| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。