2013年07月17日

石井一昌の言霊132 みかじめ料訴訟

みかじめ料訴訟が
名古屋で行われているよ。

長年払わされたみかじめ料を返せという。

敗戦後の厳しい時代を生きた
親分が鬼籍に入り
今ではヤクザも二代三代と
代替わりだよ。

政治家と同じで
二世も出る有様だ。

ヤクザに二世が出るのは
不思議なことなんだ。

任侠時代は
子供にだけは別の道を
思ったもんだよ。

二世が出るということは
しのぎやすい
既得権益・・・

おいしいところを血の繋がった子に
ということかな。

みかじめ料も
昔は酒場のトラブルを
警察が介入すると
調書やらなんやらで
貴重な営業時間をとられる。

「時は金なり」
で、その代わりにヤクザが
トラブルを治めていた一面もあるんだ。

ある意味
ヤクザと店は持ちつ持たれつ
利害が一致してたんだな。

店が嫌がるようになれば
それは時代遅れということか・・・

嫌がるのを無理にとれば
それは持ちつ持たれつではないもんな。


日露戦争の鉄砲は
大東亜戦争では通じなかったよ。


日露の戦勝から
大東亜の敗戦まで
四十年

敗戦後
すでに七十年近いよ。

変わっていくしかないものもあるね。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 17:21| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

石井一昌の言霊131 夕立・熱中症

昨日は夕立の後
涼しくなったよ。

扇風機も要らないぐらいだったよ。

久しぶりだよ。

昔は夏でも夕立が来て
夜は過ごしやすかったもんだよ。

いつからか
夕立が減って
熱帯夜や熱中症の言葉が出てきたんだ。

温暖化というのは
長い地球年齢で見れば
俺は疑問符だけれど
自動車やエアコンの廃棄熱が
温度を上げているのは事実だよ。

都会では
加えて
コンクリートに高層ビルが加わるよ。

こうしてみても
都会は
消費するだけなんだよなぁ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/


日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 15:23| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

石井一昌の言霊130 選挙・一票の格差

選挙だよ。

形式的な平等は不平等だよ。

日本の広い國土を守っている人口の少ない田舎と
消費するだけの人口の多い都会を
人口だけで決めるのは
人間の思い上がりだよ。

山川草木
全てが國を形作っているんだ。

固め修り成す(かためつくりなす)

日本は八百万の神々の國だよ。

どうして外来の
人口だけで決める方式に
墨守するんだよ。

神様が泣いてるよ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/


日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 20:34| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

石井一昌の言霊129 婚外子差別?

相続で婚外子が少ないのは
差別だというんだ。

子供は親を選んで生まれてくることは出来ない
というが
婚外子を産む選択をしたのは
親なんだ。

つまり親が選択しなければ
この世にいない訳だよ。

それに
婚外子といっても
状況は様々だよ。

実質夫婦同然の生活をしている者もあれば
母子家庭同然の生活をしている者もいる。

その線引きはどうするんだろうなぁ。

悪質なのになると
遺産目当てで
子供だけ産む場合もあるかもしれないよ。

俺は財産がなくてよかったよ。

要らぬ詮索で
大事な者が痛くない腹を
探られなかったからな。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/


日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 14:35| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

石井一昌の言霊128 現代版たこ部屋脱法ハウス

ネット喫茶のあの狭さには辟易するけれど
それを住空間にもあてはめていたとは
驚きだよ。

高度経済成長時代の団地を
外国人は
ウサギ小屋と揶揄した
けれど

脱法ハウスは
仕切りがあるだけで
現代版たこ部屋そのものだよ。

人間が人間に対して
このような発想を持つこと自体が
信じられないよ。

少なくとも
日本人精神の発想ではないよ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/


日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 22:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

石井一昌の言霊127 声の出ない歌手

最近
ただでさえ少なくなった歌番組に
ろくに声の出なくなった歌手が出てくるのは
本当に興ざめだよ。

昭和50年代の
なつめろブームの時に出ていた歌手たちは
往年と変わらないぐらいの
美声だったよ。

当時の明治大正生まれの歌手たちは
声が出なくなった者は
恥ずかしくて出てこなかったよ。

日本から
廉恥の心が失われて
久しいなぁー。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/


日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 21:30| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

石井一昌の言霊126  親の躾と虐待

いつからか
モンスターペアレントが
教育の現場に介入して
教師は萎縮してしまってるよ。

子供の権利の主張が
学校から家庭へと
子供の躾の場にまで
押し寄せてきているんだ。

この前
子供が親に虐待されたと
警察に通報して
親が逮捕されたね。

本当に虐待するような親は
子供が畏怖して
周囲の者がするならともかく
子ども自身は
警察に通報は出来ないだろうよ。

通報するような子供は
躾を受け付けない子供だろうよ。

躾と虐待は
線引きは難しいよ。

同じ手を上げても
子供のためにするか
親の感情でするか

虐待の場合は
それに
親の八つ当たり
はらいせ
も加わるんだ。

変な世の中になったもんだよ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/


日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

石井一昌の言霊125 化粧品は白斑で回収・子宮頸がんワクチンは続行

美白化粧品を使用して
白斑の出たケースが39例あったそうだ。

それで45万個の製品を回収するというよ。

白斑は一ヶ月ほどで治るそうだ。


それに反して
子宮頸がんワクチンでは
いつ治るか、
治るかどうかもわからない重篤な症例が
たくさん出ているのに

中止どころか

推奨をやめるだけだという。


どうしてこのような違いが
生まれるのだろう。

化粧品は民間会社

子宮頸がんワクチンの音頭とりは
公共機関なのに。

普通の考えなら
公共機関のほうが
厳しく接するはずなんだけどなぁ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/


日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife

posted by ウルフ爺さん at 19:54| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

石井一昌の言霊124 個人情報保護法と人権擁護法案(人権救済機関設置法案)

個人情報保護法は
庶民の個人情報保護が第一の目的だったはずだね。

施行後も
ダイレクトメールは来る
勧誘電話は来る

ネットではダダ漏れ

一体この法律の実効性はあるのかね?

そして本来
公人であるはずの者たちが
個人情報法保護を盾に
隠れてしまっている。

庶民にとっては
ますます悪くなっているんだ。


人権擁護法案もそうだよ。

庶民の人権を擁護するはずの法が
このままでは
個人情報保護と同じく
庶民でない人たちを
守る法律となってしまう危険が大きいよ。

もしかしたら
躍起になって通そうとしている人たちが
一番必要としているのじゃないかな?


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/


日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 10:31| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

石井一昌の言霊123 盟友太田龍が考えていたこと

我が盟友太田龍は
亡くなる少し前に
ワイフに
「話したいことがあるから電話ください」
と、ハガキを寄越したんだ。

電話すると
体力的に続かないので
平素の講義は
片腕のM女史に代講させて
質問の受け答えは
太田龍がすると

今後その方針でいくと
言っていたんだよ。

太田龍はM女史を
心から信頼していたよ。

それを実行に移す前に
亡くなったのは
日本のためにも
世界のためにも
非常な損失だと
ワイフと話し合ったものだ。

大木が倒れた時に
その遺志を
周囲の者が生かすことは
まれなんだ。

残念だけど
生前何もしないで
周囲に群がっている者ほど
その遺志を生かすどころか
名前を利用するだけで
似て非なるものにしてしまう。

宗教の場合もよくあるね・・・。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 15:33| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。