2013年06月27日

石井一昌の言霊121 ヘイトデモと暴支膺懲

ヘイトデモの様子を見ていると
戦前の暴支膺懲を思い出すよ。

どちらも多分に仕組まれたものだよ。

中国大陸では
陸軍が暴走したように受け止められているけれど
実際は世論の過激な暴支膺懲論で
退くに退けなくなってしまったんだ。

陸軍に責任があるとすれば
退く勇気がなかったことだよ。

ヘイトデモでは対立する者との間に
混乱があり
双方が逮捕されているよ。

眉をしかめている健全な庶民は
それが演出だとは知らず
(参加している双方も知らない)
言論統制、運動統制という
憲法で保障されている分野の
規制を容認しかかっている。

それでほくそえむのは
誰なんだろう?


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 19:45| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。