2013年05月08日

石井一昌の言霊89  「村山談話」「河野談話」は二つで一つだ

「村山談話」のかわりに「安倍談話」を出すらしいが
「河野談話」はそのままだという。

安倍首相の本質がよく表れているよ。

勇ましいことを言っているが
行き当たりばったり
うわべの塗り替えだけなんだ。

本当に信念があれば
「是は是」 「非は非」

この機会に大本の見直しを
タブーにとらわれないで
行うべきなんだ。

「従軍慰安婦」という言葉そのものが
間違っているんだ。
「従軍看護婦」というのはあったが
「従軍慰安婦」というのは
なかったんだ。
しいて言えば
「戦場慰安婦」だよ。

当時兵隊さん相手の慰安婦のことは
「ピー」といっていたんだ。

当時は
日本人の娘も売られてきていたんだ。

まだ赤線もあったんだ。

これの善悪は別次元の問題で
そういう時代だったんだ。


朝鮮人の女衒が
朝鮮人の娘をトラックに乗せて
兵隊さんも行かない中国の奥地まで
いっている光景を見た
日本の兵隊さんは何人もいるんだ。

「朝鮮人の商魂はすごいな」と
話し合っていたんだよ。


たまたま日本軍の中の出来損ないが
慰安婦にかかわっていたとしても
警察官の出来損ないが
覚せい剤にかかわっていても
警察という組織がやったということにはならないのと
同じなんだよ。

組織の中にはたまに出来損ないは出てくるんだ。

そんなもの
安倍首相が調べれば
すぐわかるはずなんだ。

どうせやるなら
徹底した談話をしてほしいよ。

中途半端だと
子孫に禍根を残すだけだよ。


石井一昌公式ホームページ
http://www.ishiikazumasa.com/

日本を築く庶民の会公式ホームページ
http://3w.to/gwife
posted by ウルフ爺さん at 22:28| 奈良 | Comment(1) | TrackBack(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頼るは、信にしくはなし。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

Posted by noga at 2013年05月08日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。